綺麗な女性

風俗求人を探すなら罰金制度がない店舗を探しましょう

風俗求人で女性が見落としがちな2つのリスク

手錠

今回は風俗求人につく上で、女性が意外と見落としがちな2つのリスクについてまとめてみました。
■盗撮・盗聴されるリスク
まずは「盗撮」のリスクです。お客さんによるプレイ中の録画や録音は、店側が特別に認めていない限り禁止です。しかし残念ながらそのルールを破るお客さんもいます。風俗のお仕事では、プレイ中は基本男性と二人きりの空間になります。
デリヘルは特に危険です。お客さんの自宅でプレイする場合、デリヘル嬢が到着する前にこっそりとカメラを仕込まれている危険性もないわけではありません。最近の盗撮カメラはかなり小型で精度も高いものも多く、万一仕掛けられた場合にすぐに見つけるのは困難です。盗撮カメラの他にも、カバンの中などにこっそりICレコーダーを仕込んで、プレイ中の音声を録音するお客さんもいます。このあたりの行為は発見次第、出禁処分や警察に通報などといったことにはなりますが、風俗求人で働く上ではどうしてもつきまとってしまうリスクです。
■「最後まで」強要されるリスク
もう一つは、プレイ中に本来禁止されているにもかかわらず、お客さんのほうから「最後まで」を強要されるというリスクです。ソープの除いてはどんな風俗でも「最後まで」はできませんが、お客さんの中には「チップ」と称して、嬢本人にお金を差し出して持ち掛けてくる人もいます。しかし、一時的に心が浮ついたとしても、決してその手には乗ってはいけません。今はインターネット上の匿名掲示板などもあり、下手をすれば実名を出されて「○○という嬢は金を払えば最後までさせてくれたぞ」などと書き込まれるなどの被害にあう危険もあります。

おすすめの情報